羽根つき餃子、ぷるもち水餃子の大阪王将│5フリーで食卓へお届け

アツアツで食べたい!冷凍焼売や冷凍小籠包のフライパンを使った蒸し方をご紹介

お弁当、おつまみや小腹がすいたときに便利な冷凍焼売や冷凍小籠包。電子レンジで他の食品を温めていたり、時間に余裕があったりするときにはフライパンを使って蒸す、という方法が実はあります。フライパンを使うと一度にたくさんの冷凍焼売や冷凍小籠包を調理することもできますので、パーティーにもオススメ。そこで今回はクッキングペーパーや葉物野菜を使った冷凍焼売や冷凍小籠包のフライパンの蒸し方をご紹介します。

クッキングペーパーを使って蒸す

まずご紹介するのはクッキングペーパーを使って冷凍焼売を蒸す、というもの。クッキングペーパーを使うことでフライパンとの間に空間ができ、そこに水を入れて蒸し器を使った調理を擬似的に行っているわけですね。

手順

1. クッキングペーパーをフライパンと同じくらいのサイズで切る

2. クッキングペーパーを2回折る

3. クッキングペーパーを更に2回、斜めに折る

4. クッキングペーパーの重なっている部分をハサミで切る

5. クッキングペーパーをフライパンに広げる

6. クッキングペーパーの上に冷凍焼売・冷凍小籠包を並べる

7. クッキングペーパーの下、フライパンとの間に水を約100ml程度注ぎ、中火にかける

8. 沸騰したら弱火に落とし、フタをして調理時間温める(大阪王将 たれつき肉焼売で12分、大阪王将 小籠包で8分)

レタスなどの葉物野菜を使って蒸す方法

次に紹介するのはレタス、キャベツなどの葉物野菜を使った蒸し方。クッキングペーパーの代わりに野菜を使うことで、ペーパーを節約できます。勿論食べることもできるし、彩りも加わりますよ。

手順

1. フライパンに水を約100ml程度注ぐ

2. 葉物野菜を適当な大きさにちぎり、フライパンに敷き詰める

3. 葉物野菜の上に冷凍焼売・冷凍小籠包を並べ、中火にかける

4. 沸騰したら弱火に落とし、フタをして調理時間温める(大阪王将 たれつき肉焼売で12分、大阪王将 小籠包で8分)

フライパンで簡単蒸し調理!アツアツで食べたい!

いかがでしたか?この記事ではフライパンで冷凍焼売や冷凍小籠包を蒸す、という調理方法をご紹介してまいりました。

感覚的なものではありますが、電子レンジでも勿論美味しい焼売、小籠包ですが蒸すことでアツアツの時間が更に長続きする気もします。フライパンを使って簡単にできる蒸し調理、お試しください。

キャンペーンにもご参加ください!

今回ご紹介した電子レンジでも蒸しても美味しい大阪王将 たれつき肉焼売、大阪王将 小籠包8分は現在「ひとまず食べよ街中華キャンペーン!」を実施中です!大阪王将の全商品3パック購入いただき、応募いただいた中から抽選で餃子を焼くのにぴったりのフライパンやグリル鍋を餃子とセットにしてプレゼントさせていただきます。

「23年秋の大阪王将『ひとまず食べよ街中華』キャンペーン」応募ページ | 大阪王将

大阪王将の冷凍食品「23年秋の大阪王将『ひとまず食べよ街中華』キャンペーン」応募ページです。抽選で1200名様に賞品が当…

皆様、ぜひ奮って応募くださいませ。